top›定年後の自分の年金受給額を50代のうちに把握しておく

定年後の自分の年金受給額を50代のうちに把握しておく

<広告>

<広告>

50歳はまだまだ働ける!まだ若い! そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、10年もすれば定年もやってきますし、年金に頼りながらの生活が待っています。 10年は長いようで意外と短く、あっという間に退職の日がやってきます。

自分の年金の受領額を50代のうちに把握しておいて老後の生活設計をしないと、生活費が足りなくなってしまい困ったことになりかもしれませんよ。

年金受領額はインターネット上にある程度シミュレーションすることもできますが、一番分かりやすいのは、日本年金機構のサイトを利用することです。

特に手続きをする必要は無く、サイト上の年金額簡易試算を利用することで簡単に年金額をシミュレーションできます。

この先年金制度が絶対に変わらないとは限りませんし、転職すれば給与も変わり、当初の受給予定額と実際にもらう額は変わってしまうかもしれません。

それでもある程度受給額を把握しておけば、働けるうちにどれだけ老後資金を貯めておかないといけないのかが分かります。

もっと正確な額が知りたいなら、50歳以上の人は年金見込み額を試算を申込んで郵送で送ってもらうこともできます。

もし転職して収入が減ってしまうなら、老後のことを見据えてこれまでよりも節約に励んで貯金をしなくてはいけないでしょう。

年休受給額を把握することで、いったいどれぐらい貯めないといけないのか、何歳まで働かないといけないのか計画を立てることができます。

<広告>

50歳からの仕事探しコラム
50歳からの求人はガクンと減る 50歳からは低賃金の厳しい現実を受け入れられる人だけが仕事に就ける 50歳くらいにある年齢の壁 50歳の求職者に求められるものは?
採用担当者が50歳の求職者の履歴書でチェックすることとは? 50歳からの求職者が職務経歴書を書くときのコツは? 面接に行くときの服装は? 面接での基本ルール
面接で応募の理由を聞かれたら? 面接で長所と短所を聞かれたら? 面接後、お礼状を書こう! ハローワークを活用しよう!
人材紹介会社に登録しよう! 転職エージェントとは? 人材派遣会社に派遣登録をしよう! 単純に派遣会社への登録を増やせば就職率もアップ?
50代の平均年収は? 50歳の転職で年収アップは難しい? 転職回数が多いのは不利? 応募書類を完璧に仕上げる 50歳からの仕事探しの3つのポイント
応募企業を増やす 50歳からの仕事探しの3つのポイント 有利になる資格を取得する 50歳からの仕事探しの3つのポイント 50歳からの仕事探しはコネも最大限活用しよう! 今までのキャリアをアピールできれば高年収の管理職採用もある!
管理職は高給だが、就職は更に厳しい 未経験での仕事はプライドを捨て現実を受け入れる 50歳でも定年後を見越した仕事探しをする 住宅ローンの残債を考えて仕事を探す
家族の理解や協力も必要 友人、知人にツテがないか聞いてみよう 普段から人脈作りを意識して行う 50歳でのリストラは辛い!
失業保険について 解雇の場合はすぐに失業保険が貰える 定年後の自分の年金受給額を50代のうちに把握しておく 定年後の生活資金を50代のうちに把握しておく
起業するという選択肢もある 50歳からでも独立できる仕事 警備員 50歳からの仕事探し タクシー運転手 50歳からの仕事探し
清掃スタッフ 50歳からの仕事探し マンション管理人 50歳からの仕事探し 駐車場監視員 50歳からの仕事探し 宅配スタッフ 50歳からの仕事探し
福祉関係の仕事 50歳からの仕事探し 工場内作業員 50歳からの仕事探し 運転代行スタッフ 50歳からの仕事探し 在宅ワーク 50歳からの仕事探し
飲食店スタッフ 50歳からの仕事探し ごみ収集スタッフ 50歳からの仕事探し 新聞配達スタッフ 50歳からの仕事探し  

<広告>

<広告>