top›定年後の生活資金を50代のうちに把握しておく

定年後の生活資金を50代のうちに把握しておく

<広告>

<広告>

老後は30代のころはまだまだ遠い未来のことだったでしょうが、50代にさしかかると、現実味の帯びた近い将来のことになります。 退職して年金生活になったときに、いったいどのくらいの生活費がかかるかも早いうちに考える必要があります。

一説によれば現役時代の6割前後が老後の生活費と目安となっていますが、退職したとたんに6割になるのではなく、徐々に減っていることが予想されます。

あるいは老後の生活資金必要額を簡単にシミュレーションできるサイトもあるので、利用してみるのもいいでしょう。 シミュレーションして出た額と年金受給予定額を照らし合われ、生活に支障がないかチェックしてみましょう。

余裕があるならいいですが、ギリギリ、もしくは足りないと言う場合、これから必死に老後資金を貯めていくか、かなり老後の生活水準を下げなくてはいけません。

ギリギリ足りそうだから大丈夫と思う人がいるかもしれませんが、月々の生活費プラス不足の事態に備えた貯蓄も必要になります。

もしかしたら物価が上がってしまうかもしれませんし、病気になってしまう可能性だってあります。

やはり、少しでも早く貯蓄を始めるのは大切です。 老後の十分な生活資金を貯めるために、時には今の生活水準を下げてから貯蓄に回す金額を増やさなくてはいけません。

これからどのくらい貯蓄に回さなくてはいけないのかを把握するには、50代のうちに老後資金を計算しておくのがいかに大切か理解できるでしょう。

<広告>

50歳からの仕事探しコラム
50歳からの求人はガクンと減る 50歳からは低賃金の厳しい現実を受け入れられる人だけが仕事に就ける 50歳くらいにある年齢の壁 50歳の求職者に求められるものは?
採用担当者が50歳の求職者の履歴書でチェックすることとは? 50歳からの求職者が職務経歴書を書くときのコツは? 面接に行くときの服装は? 面接での基本ルール
面接で応募の理由を聞かれたら? 面接で長所と短所を聞かれたら? 面接後、お礼状を書こう! ハローワークを活用しよう!
人材紹介会社に登録しよう! 転職エージェントとは? 人材派遣会社に派遣登録をしよう! 単純に派遣会社への登録を増やせば就職率もアップ?
50代の平均年収は? 50歳の転職で年収アップは難しい? 転職回数が多いのは不利? 応募書類を完璧に仕上げる 50歳からの仕事探しの3つのポイント
応募企業を増やす 50歳からの仕事探しの3つのポイント 有利になる資格を取得する 50歳からの仕事探しの3つのポイント 50歳からの仕事探しはコネも最大限活用しよう! 今までのキャリアをアピールできれば高年収の管理職採用もある!
管理職は高給だが、就職は更に厳しい 未経験での仕事はプライドを捨て現実を受け入れる 50歳でも定年後を見越した仕事探しをする 住宅ローンの残債を考えて仕事を探す
家族の理解や協力も必要 友人、知人にツテがないか聞いてみよう 普段から人脈作りを意識して行う 50歳でのリストラは辛い!
失業保険について 解雇の場合はすぐに失業保険が貰える 定年後の自分の年金受給額を50代のうちに把握しておく 定年後の生活資金を50代のうちに把握しておく
起業するという選択肢もある 50歳からでも独立できる仕事 警備員 50歳からの仕事探し タクシー運転手 50歳からの仕事探し
清掃スタッフ 50歳からの仕事探し マンション管理人 50歳からの仕事探し 駐車場監視員 50歳からの仕事探し 宅配スタッフ 50歳からの仕事探し
福祉関係の仕事 50歳からの仕事探し 工場内作業員 50歳からの仕事探し 運転代行スタッフ 50歳からの仕事探し 在宅ワーク 50歳からの仕事探し
飲食店スタッフ 50歳からの仕事探し ごみ収集スタッフ 50歳からの仕事探し 新聞配達スタッフ 50歳からの仕事探し  

<広告>

<広告>